“カンティーネ・パオリーニ”に関する記事一覧

新春にじっくり飲み比べてみる 白ワイン

昨日に引き続き ゆったりとした時間がとれる今だからこそ

じっくりと ワインの 味わいを飲み比べてみる ことを ご提案してみたいと思います。

今日は シチリアの白ワインの 品種違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア シチリア島 西部海岸沿いにある マルサラ

酒精強化ワインの マルサラ が有名

 

元々 マルサラを含むトラーパニ県一体は 地葡萄から造られる白ワインの一大産地

だったそうですが

1773年に商用でマルサラを訪れたイギリス商人ジョン・ウッドハウスが このマルサラの地のスティルワインに 蒸留酒を加えて造ったのが酒精強化のマルサラ

マルサラのスティルワインがとってもおいしいから、イギリスにもっていくまでに 味が変わらないようにと アルコールを添加したのだそう

 

温かい気候で 良質のブドウがたくさんとれるので 一時は 大量生産された安価なワインをバルクワインとして 北ヨーロッパへ 輸出し、 繁栄を遂げた歴史をもつシチリアワインですが

最近は 世代交代が進み 近代的な技術を学んだ若手生産者を中心に テロワールを反映した高品質なブドウ栽培、ワイン醸造へ シフトしているのだそう

 

今回 ご紹介するのは パオリーニ という マルサラエリアの 葡萄栽培農家が 1000軒集う協同組合のワイン

現在 シチリア第2位の生産量を誇り、地元の方にも そして海外マーケットでも支持されることを企業理念に 急成長しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな パオリーニの フラッグシップブランド 「 72フィラーラ インソーリア 」 「72フィラーラ カタラット 」

いずれも シチリアの地葡萄

インソーリア は 柑橘系の果物の香り クリアーできれいな酸味がある辛口

カタラットは 柑橘系の香りの中に微かにバニラの香り 複雑味のある余韻が楽しめる辛口

いずれも 2012年ヴィンテージですので 少し熟成感も愉しめます

 

にほんブログ村 酒ブログへ

「72 カタラット&インツォ―リア」樽の効いたシチリア土着品種の白ワイン

 

 

すっかり涼しくなった今日この頃、サッパリ味の白ワインよりも、やや重厚感のある白ワインの方が美味しく感じる季節となりました。

そんな、やや重厚感あるシチリアの土着品種から造られる、樽香を利かせた白ワインを2種類ご紹介いたします。

dsc_0171

 

 

 

 

 

 

【カンティーネ・パオリーニ 72フィラーラ・インツオーリアIGT と 72フィラーラ・カタラットIGT】シチリア白ワイン

「インツォーリア」はフルーティで軽やかな味わいのブドウ品種ですが、そこに樽熟成の複雑味が加わることにより、まるで黄色味が濃くてよく熟した桃を発酵させたような印象の味わい。

ややマニアックなワインの印象はありますが、美味しいワインです。

「カタラット」はより複雑があり、高貴でドライな印象のある味わい。オレンジやバニラ、アーモンドなどを感じるドライなテイストです。それはまるでアモンティリャードでも飲んでいるかのよう。

まるでシャリー酒のように食前酒として、食べ物なしにでも、飽きずに楽しんでいただけるワインだと思います。

個人的には、このドライで熟成感ある「カタラット」が大好きです。

 

両方のワインともにシチリアワインの多様性を感じるワインです。また、これらのシチリアの土着品種から造られる、樽を効かせたワインは、まず他にはない味わいだと思います。

樽風味の利いた白ワインを好まれる方に、ぜひおススメしたいワインです。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ