「O.Henry」・・・・・クリぼっちの夜に

 

 

独りぼっちのクリスマスのことを「クリぼっち」と呼ぶのだそうです。

バブル世代の一人としては、バブルに浮かれたようなクリスマスよりも「クリぼっち」の方がよっぽど素晴らしいような気がする次第。

今回ご紹介するのは、「オー・ヘンリー」という名前の極上の麦焼酎です。

オー・ヘンリーのクリスマスの話といえば「賢者の贈りもの」。「妻が髪を切って・・・・・・」ってみたいなお話しですね。

たぶんクリスマスとは、感謝するための日なのでしょう。ならば極上の麦焼酎でもチビチビやりながら、「クリぼっち」で感謝の思いを巡らすのも、素晴らしいクリスマスの過ごし方ではないかと思う次第です。

2015122409410000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

麦焼酎 【O.Henry aged15years (オー・ヘンリー15年) 】 Alc28% 750ml

「賢者の贈りもの」は、極上のクリスマス・ストーリーと言えるのでしょう。この極上の麦焼酎は、そんな思いを巡らすのにピッタリなお供ではないでしょうか。

 

彼女と高級フレンチ・レストランでクリスマスの特別メニューを食べ、プレゼントのティファニーのネックレスと、モエ・シャンドンを抱えてシティ・ホテルでお泊り・・・・・みたいなのがバブル時代にファッション誌などで掲載されたクリスマスの過ごし方でしょうか。

当時はホントにそんな過ごし方をしてた人々が大勢いたんですよね。

また、そんな過ごし方が出来なければ自分はイケてないと当時は思ったのですから、今さらながらに驚きます。

そんなゴチャゴチャしたようなクリスマスなら、「クリぼっち」の方が精神的にも経済的にも素晴らしいと今は思う次第。

「クリぼっち」の夜に、極上の麦焼酎やりながら、極上なクリスマス・ストーリーに思いを巡らせてみては如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ