東南アジアの香り!ベトナム「ネップ・モイ」

東南アジアを旅行した事のある方は、必ず現地で嗅いだ事のある香り!

ホテルのエレベータの中に漂う、蒸したもち米が発酵した様な、甘みのある結構強烈な香り。

それこそ、この「ネップ・モイ」の残り香なのです。好きな人は大好きですが、ダメな人はまったくダメ!そんなお酒なのです。

nepumoi

Nep Moi(ネップ・モイ)アルコール 39.5% 600ml 酒倶楽部ステップ店頭価格1,355円

ベトナムを代表するメーカーのハリコが製造。黄色もち米、ウイキョウ、シナモンなどを加えた麹を原料に造られる蒸留酒。無色透明ながら、豊な甘みのある香りは、蒸したもち米やナッツ類、ココナッツを連想させます。流石は食の国ベトナムのお酒! 様々な香料や香草を連想させるのです。きっと、パクチーなどの香り高い香草類が好きな方は、好まれると思います。よく冷やすか、オン・ザ・ロック、氷入りの水割りなど、冷たくするのがおすすめ。

また、ベトナムはフランス文化の影響も受けており、ネップ・モイを使ったエスニック・カクテルも美味しいのです。甘ーくしたミルクティーやコーヒーにネップ・モイを加えてみても楽しめますよ。

酒屋のおやじは、ベトナム料理といえば、青いパパイヤ炒め、生春巻き、焼きビーフン、ポー、チャーハンぐらいしか思い浮かばないのですが、どれもネップ・モイの酒の肴としては非常に良い感じですね。(正直、ベトナム料理、タイ料理、インドネシア料理、マレーシア辺りの料理と、恥ずかしながら区別がつきません!でも、東京へ行くとベトナム料理とフランス料理の融合料理なんてのもあったりして、ちょっと高級な感じがしますね!)是非、今度試してみたいと思います。でも、近くにはベトナム料理屋さんがないんですですよね。やっぱり東京!東京は凄いですね。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ