「長寿の酒」敬老の日に長寿を願うなら

 

 

長寿を願う気持ちをお酒の贈りもので表現するなら、この黒糖焼酎「長寿の酒」はもっとも適したお酒でしょう。

 

 

 

 

 

 

【黒糖焼酎 「長寿の酒」 壺入り】

黒糖焼酎を生涯愛飲され、120歳で大往生された泉重千代さんにあやかって名付けられました。

黒糖焼酎に限らず、本格焼酎が血液の血栓を溶かすことは良く知られた健康効果でしょう。

そんな黒糖焼酎とうまく生涯に渡り付きあえたことが、泉重千代さんが120歳まで長生きできた一つの要因だといわれております。

120歳で大往生されるその歳まで、この黒糖焼酎の晩酌を楽しまれていたとのことですから、まさに「酒飲み上手は長生き上手」ということでしょうか。

もちろん飲み過ぎはいけませんが、美味しくそして楽しくお酒を飲んで、健康で長生きできるのなら、こんなに素晴らしいことはありませんね。

 

泉重千代さんの飲み方:

アルコール度数30度の黒糖焼酎を一日に約7勺(約 126ml)。

これに水を加えて約3倍の量まで薄めます。これによりアルコール度数は約10度となり、量は約2合となります。

その焼酎の水割りに燗を付けて、熱燗もしくはぬる燗でゆっくりとお料理とともに楽しみました。

 

穏やかでややビターさのある甘味があり、クリーンな飲み口の黒糖焼酎の燗酒は、お料理と一緒に楽しむ飲み物として最適です。またお料理のジャンルを問いません。

 

敬老の日の贈りものに黒糖焼酎「長寿の酒」は如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ