危険に美味しい!与那国 花酒 「華五水」60度

日本の最西端の島、与那国島。そこには日本で与那国島しか造ることのできない60度の花酒(ハナサキ)が造られているのです。これは泡盛なのですが税法上スピリッツ。日本で最も西産の、最も危険に美味しい酒なのです!

この花酒とは、いわゆる初留取りの泡盛で、蒸留液の始めの部分のみを瓶詰めしたもの。泡盛の美味しい部分がギュッと凝縮された、香り高く奥深いコクのある大変に贅沢な味わいなのです。その昔は王候貴族や賓客しか飲めない高級酒。今でもこの花酒は、冠婚葬祭の時だけに振る舞われるのだそうです。

関東周辺では想像が難しいほどの、気合いの入ったスゴイ結婚式になりそうですね!流石は南国!出席への覚悟が相当に必要です。まさか台湾に近いからって、中華系の”カンペー”はないでしょうね?あるかも!危険です!!

hanagushi

与那国 花酒 「華五水」(ハナグシ) 60度 泡盛 300ml 2,100円

この「華五水」は与那国島に3軒ある酒蔵の中で、最も最初に創業された埼元酒造の製品。クバの葉で瓶を包んである泡盛は、ここ与那国島のお土産として有名なのです。

「華五水」はアルコールが高いにもかかわらず意外に飲みやすいく、チビチビと舐めるように味わうと意外にペロリッと危険なほどサラッと飲めてしまうのです。これを冷凍庫で冷やしトロリとさせたものを、喉越し良くいただくと、どうしようもなく危険なまでに旨いのです!ネットリとした甘みにだまされる様に、気が付くとアッというまに下半身フラフラにされてしまうのです。

酒倶楽部ステップの近くに、お世話になっている沖縄県出身のご夫婦が経営されてるお店があります。酒屋のおやじは、そこで「ソーキ」というスペアリブみたいなお肉料理と甕出しの度数の強い泡盛をいただいたのですが、これが旨い!サッパリとして旨みのあるソーキをパクリンコ!とほうばると、お口のなかにお肉の旨みによる幸せがいっぱいに広がり、そこへスッキリとしているが強い甘みのある泡盛をチビリンコとやったなら、まるでお口の中は、お肉と泡盛がラブラブカップルのラブシーンと化し、いや~ん♡ ばか~ん♡ すてき~♡ってな調子で、後はひたすらパクリンコ、パクリンコ、チビリンコリズムの繰り返し。気が付いた時はもう手遅れ、立ち上がると足元は既にスローなエイサーを踊らされていたのでありました!(やられてしまった~!!でも幸せでしたよ~!!)

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ