癒される味わい!黒糖焼酎お湯割り「浜千鳥乃詩」

クオリティーの高い黒糖焼酎なのです!!

黒糖焼酎 「浜千鳥乃詩」 30度 一升 2,550円

すごく評価の高い黒糖焼酎なんです。「2008年春季全国酒類コンクール」の黒糖焼酎部門で第1位を獲得。「2009年秋季全国酒類コンクールでは、本格焼酎部門で「浜千鳥乃詩原酒」が芋焼酎などを抑え第1位となったのです!!

酒倶楽部ステップのお客様でも、酒類にこだわった飲食店さんは黒糖焼酎だと、この「浜千鳥乃詩」を指定するケースが多い様ですね。造りは原料である奄美産黒糖をふんだんに使用し、奄美で最もおいしいといわれる、珊瑚礁の深層から湧き出る「ジョウゴの水」を地下120mより吸い上げ使用。蒸留後は最低でも2年の貯蔵熟成を行い、まろやかな味わいになるのを待ちます。

味わいは甘くてまろやかな香りと、たっぷりとした黒糖の深みが感じられ、キレもあります。風味がしっかりしているから、お湯割りにしても、しっかりと味わいが残っているんです。

酒屋のおやじは、たまに無性にスナックが食べたくなってしまうのです。「えびせん」とか「ポテトチップス」とか「カール」とか。世代が「あらフォー」と「あらフィー」の中間ですから、若い頃にもあった味わいのフレーバーばっかりで、例えば「ポテトチップス」と「えびせん」は塩味、「カール」はチーズ味、と決まっているのです。何が言いたいのかと言いますと(笑)、これらのスナックと黒糖焼酎のお湯割りは合うのです。素晴らしいマリアージュなのでありますよ。

糖分ゼロだが甘味のある味わいの黒糖焼酎のお湯割りが、スナックを食べた時に口の中に残る塩分や油分を洗い流してくれる感じ。”心地がいい!!”そして、お互いに味わいを引き立ててくれるんです。クセになりますよ!

酒屋のおやじの同輩の方々は、皆さん同じようにスナック菓子が好きな様ですね!先日、近所の奥さんが「うちのダンナは、夜中に飲んで帰って来て、スナック菓子を家で食べ散らかして、そのまんまなのよ~!プンプン(怒)!」って愚痴ってましたけど、酒屋のおやじには、とっても耳の痛いご忠告に聞こえたのでありましたよ~!気を付けま~す(汗)!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ