いよいよお花見!お手軽花見酒「梅割チョイ酔いカップ」

お手軽花見酒です!

お手軽花見酒におすすめ 「梅割 チョイ酔い」 AL12度 プラカップ 200ml  150円

いよいよお花見のシーズンですね!各自持ち寄りのお花見会などで都合の良いのが、このカップの梅割り焼酎。開けてそのまま飲めば良いのですから楽なのです。家族でお花見に出かける場合にも好都合。お父さんだけポケットに忍ばせておけば、気軽に一人で花見酒を家族と一緒に居ながら楽しむことが出来るのです。

最近は温暖化の影響で桜の開花時期が年々早くなって来ているらしいですね。その影響か、夕方から夜でのお花見はハッキリ言って寒過ぎ!お花見やるなら、お昼の12時~3時ぐらいが最近は少しは暖かくて良さそうです。ウィークデイでもポカポカ陽気のお昼休みに、一人お弁当を買って桜の見える公園に行き、お弁当をアテにやおらポケットからカップの梅割り焼酎を出し、陽気と景色と食事を楽しみながらコピリンコって静かに楽しむのもいいですね。

桜が開花する時期に、桜で有名な青山墓地へお昼頃出かけると、近所の会社にお勤めの方々が集まって来ていて、桜の木の下、お墓の角に皆で腰掛けてお弁当を広げてるんですよね!しかも、お墓の台の高さが座るのに丁度良さそう!もちろん、まったく他人のお墓で、しかもご存命中はたぶんエライ人の!!(笑)

ちょっとこの光景を見ると「いかがなものかな~!」などと思ったりもしちゃいます。でも良く考えてみるとお墓のある場所には、けっこう桜の木があるんですよね。元々その地域の良い場所にお墓をがあったり、桜の木を植えたりしたらしいのです。だから昔からのお墓と桜の木は一緒の場所ってケースは多いんじゃないですかね。お花見の習慣は奈良時代からあったみたいなのですが、ひょっとしたら昔はお墓にある桜の木の下で、御先祖様を想いながらお花見をしたのかも知れません。最近流行りのスピリチュアル的にも良い事の様な気もします。(まったく違ってたらすみません!)

という事で、お手軽花見酒におすすめのカップ梅割り焼酎でした!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ