年間3千本だけの希少芋焼酎「美面 安納こがね」

年間生産量 わずか3000本(一升瓶換算)の希少な芋焼酎です!

芋焼酎 「美面(みなも) 安納(あんのう)こがね」 種子島産安納こがね100%使用 AL25度 一升 2,993円

年間の3000本しか生産されない理由は、原料芋の「安納こがね」が大変に希少な原料だから。赤芋である安納芋の突然変異で生まれたといわれる大変に希少価値の高い芋で、外皮が白く、身が黄金色をしている芋なのです。

食用芋としても販売されますが、大変に美味しく毎回すぐに品切れとなるのだとか。芋自体は甘味ののった味わいなのですが、焼酎にするとその甘味は抑えられ、華やかな香りと、まろやかな味わいが醸しだされます。

現在のところ、この「安納こがね」を使用した焼酎は、その希少性から、この「美面」以外にはありません。

まず、グラスに注いだ「美面 安納こがね」を鼻先に近づけますと、すみれの花を想わせる華やかな香りが心地良い程度に漂います。これだけで、「この芋焼酎、ただものではないな・・・!」と感じられますよ。そして、いよいよ口の中に含みますと、やわらかい甘味と、花のような風味が感じられ、そのなめらかな風味が口の中に広がって行くのです。

芋焼酎というよりも、熟成されて滑らかになった花のお酒といった印象。これに氷を浮かべると、またこれが良いのですよ!

甘味のある味わいが、やや締まった感じとなり、更に喉ごしも良くなります。上質な味わいと、のど越しよい飲み口に、ついつい飲み過ぎてしまう感じ(いつものことですが~笑)。

年間3000本のみの希少で美味しい芋焼酎。酒倶楽部ステップで見かけたら、それは ”買い” なのです!!秋の夜長、ゆっくりと美味い酒を楽しむには、この「美面 安納こがね」ですよ~!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ