惣誉と三ツ星レストラン「ハイエンドな酒とは」

 

 

ニューヨーク、ロンドン、パリの有名レストランで取り扱われている、栃木の惣誉(そうほまれ)酒造のお酒です。

 

 

 

 

 

 

写真左から:

「惣誉 特別純米酒 辛口」

ミシュランガイドのニューヨーク版で、アメリカ国内の鮨店として初めて三ツ星を獲得したレストラン(鮨店)で扱われているお酒です。

上質な原料米から醸されるエレガントな「辛口」。鮨との相性は抜群です。

 

「惣誉 生酛仕込 特別純米」

ミシュランガイドの英国版で、英国内の鮨店として初めて三ツ星を獲得したレストラン(鮨店)で扱われているお酒です。

生酛の酸と幾重にも重なる旨みをエレガントに融合させた惣誉の生酛の看板商品。

 

「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」

フランスの国賓を迎えるホテルであり、パリで最も格式と歴史を持つホテルのシェフ・ソムリエさん一押の酒。フランス料理とのマリアージュを提案されています。

限りなくエレガントな味わいを追求。幾重にも重なる深い旨みは、成熟とともに気品を備えていきます。惣誉特有の優雅な味の世界を演出します。

 

フルーティでフレッシュな日本酒もおいしいのですが、「ハイエンドな日本酒はどれか?」となれば、ワインと同じように最高品質の原料を使い、伝統的製法で醸し、熟成しておいしくなる日本酒ではないかと思います。

味わいの深みや複雑さ、余韻は、ハイエンドな料理に合うのはもちろん、間違いなく通好みの味わいでもあります。

惣誉は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ