「白淡麗」日本酒の革命か!

業界初の新しい味わいの酒 ”爽快なキレ”!

新しい日本の酒 辛口 「白淡麗(しろたんれい)」2リットル パック 980円

蔵元である埼玉県が誇る小山本家酒造さんから、この「白淡麗」の試飲用サンプルをいただき、酒屋のオヤジは正直驚きました。確かにイケるのです!クリーンな飲み飽きしないスッキリとした味わいは、今の時代にピッタリな味わいだと感じました。

蔵元の説明では、この「白淡麗」は、清酒と麦焼酎を約8対2でブレンド。新しい日本の酒を模索した、全く新しい飲み口の辛口酒。味わいはライトながらコクがあり、スッキリしていてキレがいいという、日本酒と本格焼酎の良い部分を活かした酒質となっている。食中酒として最適な酒質設計になっており、和食、洋食、中華、イタリアンなど相手を選ばないのだそうだ。

 また、この商品のターゲットは55歳以上の男性。いわゆる団塊の世代の人たちは年齢を重ねるとともに、日本酒が少し重たいと感じている人が多いという情報に基づき、よりスッキリとしたテイスト感のあるお酒を造るコンセプトで商品開発を行なったとのこと。

「白淡麗」の試飲サンプルをいただいた時には、「パック酒の試飲サンプルねぇ・・・・・・・・」と正直、やや微妙な感じはあったのですが、実際に試飲してみると、その「どうせパック酒だろ!」みたいな先入観は見事に裏切られたのでした。この酒なら、清酒好きも焼酎好きも、両方に満足してもらえる味わいだと思った次第。

ただ、裏の原材料名をみると、他のパック酒と同じように、糖類や酸味料が加えられており、純粋に清酒と麦焼酎だけではありません。このあたりが今後の課題なのかも知れませんが。

そのあたりのことを考慮しても、この「清酒 + 麦焼酎」の業界初の試みで、これだけの新感覚の味わいはスゴイと思います。

是非一度、パック酒への先入観なしで、この”爽快なキレ”を体感してみて下さいね!

ページ
トップ