「愛米魅(I MY ME)」金の純米酒は別ものな味わい

 

 

日本酒の試飲会に参加させていただけば、正直途中から口の中が日本酒の糖分で甘ったるく感じて来たりもするわけです。

そんなとき、このお酒を試飲させていただき、そのいわゆる日本酒とはまったく別ものなサッパリ感に驚いたと同時に、心地よさを感じた次第です。

香りからして、いわゆる日本酒とは別もの。日本酒というよりは東欧かどこかの、あまり知られていない地域の、伝統的製法で造られた熟成白ワインといった印象なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【愛米魅 I MY ME】

資料によれば、日光東照宮への奉納米としてつくり継がれている、栃木県小山市産の古代米「赤米」と「緑米」を原料にしている、日本初の古代米100%の純米酒なのだそうです。

また、栄養価の高い古代米で造られた黄金色に輝くお酒は、ポリフェノールの含有量も豊富なのだそうで、果実のようなスッキリとした酸味と爽やかな甘味が調和した美味しさに仕上げてあるとのこと。

 

これだけ特別感ある日本酒を他に知りません。驚きました。

食事と一緒に楽しむ場合には、たぶん日本酒としてイメージするのではなく、熟成した辛口白ワインをイメージした方が、よりしっくり来る感じでしょうか。

日本酒の味わいの幅広さに驚いた次第です。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ