「丸眞正宗 本格辛口」おでんアテに吟醸酒ですかぁ?いやいや・・・

 

 

「赤羽の酒」と言ったらコレでしょう!

東京23区唯一の酒蔵である小山酒造さんの「丸眞正宗 本格辛口」です。

2015102310250000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【丸眞正宗 本格辛口】

飲んべーさん方のメッカとも呼べる赤羽界隈で、飲まれる酒といえばコレ。

飽きの来ない庶民的な料理をアテにしたら、やっぱり飽きの来ないスッキリ辛口のレギュラー酒がうまいのです。

おでんをアテに吟醸酒じゃあ、ややバランスがねぇ・・・・・。また、純米酒でも、もったりとしちゃってやや塩梅が・・・・・。やっぱりコレなんですよねぇ。

おでんや、炙った干物なんかには、ホントに、また普通に、合うのです。

でも、赤羽近辺じゃあ、この酒ばっかり売れるもんだから、流通がやや品薄状態。やっぱり地域の酒ですから、赤羽界隈が優先されるんですね。

今の時代ですから、フルーティーで高価な有名吟醸酒をさんざん飲んで、よりクリーンな味わいとも言える、こんなレギュラー酒の魅力にも気が付く方が多いのかも知れません。

そこに赤羽界隈の庶民的な味わいのアテがあれば、これはもう酒場を放浪しちゃって、有名店さんに「飲んできた人はお断りだよ!」なんて、おこられるのもよく分かるぞぉ(汗)。

そんなことで、普通にうまい赤羽の酒「丸眞正宗 本格辛口」は如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ