酒問屋さんの試飲会

お世話になっている酒問屋さんの試飲会が東京で開催されました。時間がなくて短い間しか滞在できませんでしたが、気になった商品をご紹介します。

 

清酒蔵さんを中心に沢山の酒メーカーさんが出店しておられました。また会場内も混雑していて、時間のない酒屋のオヤジにとっては全てのブースを回る余裕はありません。本当は一件ずつ丁寧にテースティングをしたいところなのですがね。

そこで、ちょっと気になって、なおかつ混み合っていないメーカーさんで「これイイね!これ面白いね!」って思った商品をご紹介します。

先ずは写真のグレース・ワインさん。いくつかのワインをテースティングさせて頂きましたが、特に「これは面白い!」って感じたのが「グレイス甲斐ノワール」(写真左から2番目の赤ワイン)。味わいはフランスのカオール地方のワインを思わせる野性味あふれる、素朴で個性的な味わい。ブドウ品種はマルベックではなく山梨県オリジナル品種であるブラッククィーンとカベルネ・ソーヴィニオンのブレンド。

個人的には大好きなカオールのワインのように、飲み飽きしないクセになってしまいそうな味わいだと思います。

次に「オオー!」と感じたのが蒼龍葡萄酒さんの白ワインの限定品「シトラスセント甲州ヌーヴォー」。国産ワインコンクールで賞をとられたワインなのだそうです。ノンボルドー甲州種というブドウを100%使用した、柑橘系の香りが感じられる辛口白ワイン。酒屋のオヤジ的には、より清涼感のあるブルゴーニュの白みたいな印象をもちました。

しかし、残念ながら生産量が少なく、今年の分はもう既に売り切れなのだそうです。

その他、清酒は出店がとても多くて回りきれないため、数件だけ試飲させて頂きました。その中でも気になったのが、美しい女性杜氏が仕込む「川中島」で有名な酒千蔵野さんの「純米吟醸活性酒 Fuwari~Suisui」。穏やかな甘み、クセのないフルーティーな飲みやすさは、今後の日本酒業界への希望を見たようでした。また「川中島」の純米にごり酒は、たっぷりとしたコクと濃さがたまりません!!

まだまだ素晴らしい清酒は沢山あったと思いますが、時間がなくて寄れませんでした。次回はじっくりと味見をさせて頂きたいと思います。

 いよいよ時間がなくなり、「さ~急いで帰らねば!」と思っていたところに、顔見知りの営業さんとバッタリ出会ってしまったのです。そこで、ちょっとだけ試飲。鹿児島の焼酎がメインのメーカーさんなのですが、一升瓶に入った地ウイスキーの試飲を行なっておりました。鹿児島では一世を風靡したウイスキーなのだとか。本坊酒造さんの鹿児島工場で造る「マルスウイスキーエクストラ」。一升でお値段は2千円とちょっとと大変にお得。

味わいはマイルドでスムース。クセもないし、ノスタルジックな雰囲気もあって、最近人気のハイボールにはピッタリの、超お得な地ウイスキーだと思いました。

そんなことで、その後、時間の余裕がなくなった酒屋のオヤジは、暑さに大汗をかきつつ急いでお店に帰って来たのでありました!

酒問屋さん、メーカーの皆さんご馳走様でした。また、お疲れ様でした。当方、大変に微力ではありますが頑張りたいと思います。

次回はもっとご紹介できるよう頑張ります。

 

 

 

 

 

ページ
トップ