損益計算書が来た!(汗)

税理士さんが損益計算書を持って来てくれました。

 

 

 

 

 

 

 

なんだか成績の悪い通信簿を見なければいけない時のような、朝から気が重い感じだったのですが、結果は前年並み。素晴らしいことではないのですが、とりあえずひと安心。でもなんとかせねば~!!(汗)

 酒屋と聞けば「商売たいへんでしょ~!」「やっぱり、ひどいもんなの?」「よくやってるね?」みたいなことを言われることが正直あります。また、確かに大変な業界だとも思います。その昔は免許制で守られていた一種の利権商売みたいな業界でしたから、自由競争になってなおかつ需要が減少すれば、それはあたり前ですが大変なわけですね。

お酒に対する人それぞれの世界観みたいなものが違うように、酒屋に対する見かたもそれぞれ違うようです。ビール系しか興味のない方々の目には、「酒屋はどうしようもないほど大変だ!どこでも同じもの売ってるし!!」と映るようです。確かにこの分野に注力しても未来はないかも知れませんが、いきなり取り扱いを止めれば現在のお客様の要望に応えられません。

 また、「ネットでの販売をするべきだ!」とのアドバイスをいただく機会もたくさんあります。確かにネットの利用法は最重要課題といえるかも知れません。しかし、酒倶楽部ステップの周りには20~30万人の人口があります。両方は追えません。

そしてない頭で考え付いたのがこのブログの利用でした。でもこのブログを始めて数年経ちますが決算はほぼ横ばい。この厳しい世の中でありがたいことなのかも知れませんが・・・・・・・でも、「なんとかせねば!(汗)」って思うんですよ。

一つ良いことがあるとすれば、「酒類販売の専門家」みたいなイメージをより強く持って頂けるようになったことでしょうか。お問い合わせもたくさんいただくようになりました。なかなか全ての方のご要望に応えることはできませんが、一つ一つ地道にご要望に応えて行こうと考えております。

酒類関係のことでしたらお気軽にお問い合わせ下さい。できればメールがうれしいです。

ページ
トップ