聖地巡礼

 

 

「聖地」などという言葉を、こんな酔っぱらったようなブログで、軽々しく使って良いものかどうか分かりません。

それでも先日、大変にうれしくて、ありがたいお言葉をお客様からいただきました。

この連休に、長野県からご来店されたお客様がおられました。

そして、大変にもったいなくて、ありがたくて、驚いたことに

「やっと、聖地に来ることが出来ました」・・・・・・と(汗)!

 

 

0cd05474f14e1c251219f688c80ab5c92-300x149[1]

 

 

 

 

 

 

【まったく関係がないかも知れませんが、写真は有名なワインの聖地です】

最近のアニメ文化などでの「聖地巡礼」を、まったく知らなかった酒屋のオヤジとしては、そのときには、その意味が、正直うまく理解できませんでした。

それでも、その後になんとなく腑に落ちるところがありました。

この辺りのほんとうの聖地とは、たぶん「赤羽」や「十条」のお店さんのことだろうと。

そして、そんな文化が波及している「蕨」あたりで、いわゆる酒場放浪記系の商材を販売している酒屋を、そんな本物に準ずる聖地に加えていただいているのだろうと。

それでも、驚きとともに、まったくもってうれしいお言葉でした。

そして、もしそうなら「聖地としての責務を全うしたい」とも思うのです。

それでも・・・・「ひょっとしたら、我々は聖地としての酒屋のキモを、実は全く理解していないのではないか?」とも思う次第。

そんな「聖地」を期待する皆様からの、ご指導、ご鞭撻をいただければ幸いと存じます<(_ _)>。

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ