友だちにご馳走して幸福&健康

 

 

またまた日経新聞の記事ネタで恐縮なのですが、記事によれば「お金を家族や友だちのために使えば、自分のためだけにお金を使うよりも明らかに幸福感は高くなり、そればかりか体にも良い影響が表れる」のだそうです。

つまり、一人で飲むよりも友だちにご馳走して飲めば、よい幸福感を得られ、また健康にもよいということでしょう。

また、江戸っ子の「宵越しの銭は持たぬ」とは、お金を人のために使えば経済の活性化をもたらすことを示した言葉なのだとか。

遊びに使う程度のお金を、家族や友だちとの食事に使うだけで、こうした変化が認められると米国の博士がおっしゃっておられるのだそうです。

dsc_0227

 

 

 

 

 

 

<写真は日本経済新聞の記事>

あるお店さんから、いわゆる「クリぼっち」セットと呼ばれるお一人様セットが人気だと聞きました。また、酒場での一人飲みは確かに心地よく感じたりもします。

それで十分ならそれで良いのでしょう。

それでも、まだ満たされない!

そんなときに、友だちにご馳走して、他人のためにお金を使えば、より幸福にそして健康になれるわけですね。

すばらし~!

おごり、おごられで、おごった方は幸福感と健康を得て、おごられた方はただ酒、ただめしを楽しむ。

幸せなお金の使い方ですね。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ