「焼酎の割り材」秘伝の味わいを極める

 

 

東京下町の酒場のメッカと呼ばれるような場所を、よく知るお客様が来店されました。

そんな地域の名物酒場さんでは、看板料理の「煮込み」があり、それをアテに焼酎を何かで割って飲みます。

もちろん、そんなお店さんの「煮込み」はうまい。また、それ同時に焼酎の味わいにも趣向を凝らしているいるのだそうだ。

そして、そんな焼酎の割り材の調合は極秘のトップ・シークレット。

2016032410490000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【天羽の梅】各種

その事情通なお客様曰く、「・・・・・たぶん天羽の梅をベースに何かをブレンドしたり、天羽の梅どうしでブレンドしたりしてるんじゃないかな・・・・・」と。

・・・・・・そんな楽しみ方もあったんですね。

例えて言えば、テキーラをホッピーで割って、さらに天羽の梅の「ワイナー」を加えるような・・・・つまり、なんでもアリなんですね。

その事情通なお客様は、みんなで集まって、とりあえず焼酎の「キンミヤ」をベースに、そんなことを研究されてるらしい。

「しそバイス」に「レモン」を加えたりとか、「エナジー」に「クエン酸」を加えたりとか、「ハイ辛」に「天羽の梅」の赤を加えたりとか、なかなか楽しそうです。

また、お酒のブレンダーのディープな味わいの世界も楽しめそう。

よなよな自宅で、そんな研究にいそしむのもわるくない。

 

オリジナルの秘伝の味わいを極めてみるのは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ