「ほろにがサワー」の進化

 

 

日本に焼酎があるように、海外には同じようなポジションの酒としてラム、ジン、ウォッカ、テキーラ、白酒、カシャーサ・・・・・などがあるのでしょう。

最近ではそんな海外の蒸留酒を使って、ホッピーあたりのベースも焼酎だけではなく、テキーラやバーボンなど楽しみ方は進化しております。

そして、最近発売されたばかりの、埼玉県の地の割り材とも言える「ほろにがサワー」の楽しみ方も、もうすでに進化が始っているようです。

2016060210390000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほろにがサワー+ジン」「ほろにがサワー+ホワイトラム」

酒場のメニューに載るとすれば、「ほろにがジンサワー」とか「ほろにがラムサワー」とかでしょうか。

ちょっとオーセンティックっぽい雰囲気のバーなどでは、もっと洒落たネーミングになるのかな。

いづれにしても、「ほろにがサワー」と「ジン」や「ラム」は相性がイイと話題なのだそうです。

「柑橘系の皮の味わいなんだから、ジンでもラムでも当然合うでしょ!」みたいな印象なのですが、まったくもってその通りなのですね。

それでも、ひとつ大きな押しがあるあるとすれば、このカロリー、糖質、プリン体ゼロの「ほろにがサワー」を使えば、「糖質制限オヤジにとっては、お酒の選択が広がる」ってことでしょうか。

甘くない、スッキリ&ほろにがテイストのサワーやカクテルは如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ