「黒ホッピー」ながっちりな酔い心地

 

 

酒類の専門家の方々でも、酒の「酔い心地」に関して語られる方はおられないようです。

アルコールを飲むのですから、その「酔い心地」は味わいと同じように、重要なファクターなのかも知れません。

 

先日、新橋にある海鮮系酒場の繁盛店にお邪魔しました。

流石は激戦区の新橋、アテのクオリティが高く、またお得感もあります。まったくもってオジサンには嬉しい場所と言えるかも知れません。

・・・・でも、うっかり酔いつぶれると、ミニスカートをはいたお姉さん方に、知らないうちに連れ去られて、高級ブランデー(?)を飲むことになるらしいからオトロシイ(汗)。

「とりあえず黒ホッピーセット」を注文。

黒ホッピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、酒屋のオヤジにとって白ホッピーは、ややツウ過ぎる感じ。

黒の方がより味わいがしっかりしているため、ビールの味わいになれている者としては馴染みやすい。

いわゆる「そと」1本に対して「なか」は2杯ぐらいがイイ感じでしょうか。

築地直送のお刺身や魚介料理をアテに、なんとも「ながっちり」なことになってしまいました。アテがお得でおいしいこともあるのですが、黒ホッピーの酔い心地が、なんとも重くのしかかってこない感じで酔い心地がイイのです。

ビールのそれとは、随分と違うような気がするんですね。

結局、その「ながっちり」では、最初から最後まで黒ホッピー。「なか」だの「そと」だのと店員さんを忙しくさせちゃいまいした。

また、美味しいお刺身も素晴らしかったのですが、合うとか合わないという話になれば、黒ホッピーにムール貝の酒蒸しは、なかなかのものであったと思った次第です。

2016032220590000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

黒ホッピーで、ながっちり飲みは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ