「スピリタス」お気に入りのハンドメイド果実酒づくり

アルコール度数96度の世界最強ウォッカは果実酒つくりに最適なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Spirytus スピリタス (ポーランド産ウォッカ) AL96% 500ml 1490円(輸入品のため価格は変動する可能性があります。)

 イタリア料理店さんなどでの手づくりレモンチェッロなどで使われる定番酒。メーカーさんでの果実酒造りは、限りなく100度に近いような高いアルコール度数のお酒を使い、短期間で果物から風味を引き出し、後から砂糖や水を加えて調整すると聞いたことがあります。

ウォッカはたぶん世界一クセのないお酒。短期間で自分好みの果実リキュールを造るには最適なお酒なのです。生産国のポーランドではチェリー等の果実を漬け込んで家庭で果実酒をつくるのによく使用されるのだそうですよ。

 メーカーさんのおススメする果実酒のつくり方をご紹介します。

【スピリタス・レモン風味】

材料: A レモンの皮3個分、オレンジの皮1/4個分、スピリタス200cc、水100cc

    B スピリタス300cc、水100cc、砂糖水(砂糖200gを200ccの温水で溶かし冷却)、クエン酸(薬局等で購入)、レモンジュース少々

つくり方: レモンとオレンジは良く水洗い(出来れば粗塩で擦り洗いするとよい)。白い部分を避けて皮の部分だけを薄く切り取り刻む。これを残りのAの材料とともに密閉容器に入れ毎日2~3回混ぜ4日置く。その後Bの材料を全て加えてよく混ぜ4日置き、漉せば完成。

アルコール度数およそ38度ですので、水や炭酸水などでお好みの度数にしてお楽しみ下さい。甘さの調節は砂糖水の増減で行えます。

【スピリタス・ストロベリー風味】

材料: A 完熟いちご400g、スピリタス390cc、水120cc、バニラビーンズ1.5cm

    B 砂糖水(砂糖200gを200ccの温水で溶かして冷却)、スピリタス110cc、クエン酸、水650cc

つくり方: いちごのへたを取り、よく洗い他のAの材料とともに密閉容器へ。3~4週間漬け込みその間2~3回かき混ぜる。その後、漉す。Bの材料とともに密閉容器へ入れよくかき混ぜる(水は一度沸騰させ冷却したもの)。最低3ヶ月冷暗所に置いて完成。

アルコール度数およそ38度。水や炭酸水でお好みの度数にしてお楽しみ下さい。

 自分好みの手づくり本格的果実リキュールも、賢く家飲みを楽しむ方法の一つだと思います。お試し下さい。

 

 

ページ
トップ