「カシャーサ51」ブラジリアン焼酎か!?

ブラジルで最も人気のお酒なのだそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cachaça51 カシャーサ51 AL40%  700ml

サトウキビ生産量が圧倒的に世界一位のブラジル。最近ではサトウキビを原料とする自動車のアルコール燃料が注目されてますね。もちろん、そんな国にサトウキビを使ったお酒がないわけがありません。

この「カシャーサ51」は、ラム酒や日本の黒糖焼酎と同じようにサトウキビを原料とした蒸留酒。ブラジルでは国民酒とも言える程に人気のあるお酒なのだそうです。もちろん日本でも販売している程ですから、世界中で受け入れられているお酒でもあります。

最も一般的で人気のある飲み方は「カイピリーニャ」と呼ばれるモヒートのようなカクテル。作り方は、ロックグラスにブツ切りにしたライム1/4個を入れ、小さじ2杯の砂糖を加えてつぶす。クラッシュド・アイスを加え、カシャーサ51を50ml注ぎステアします。

他にもフルーツやハーブを加えた人気のカクテルがあるのだとか。こんな「カシャーサ51」のカクテルが、ラテンカルチャーの拡大により欧米の都市部で人気が急上昇中なのだそうです。

 寒くなってくると家パ(家飲みパーティー)を企画される方も多いと思われます。たまにはシュラスコとカシャーサ51のカクテルで、ブラジリアン・ナイトの家パも楽しいと思いますよ!

 

 

 

 

ページ
トップ