根強い人気!浅草浪漫の味「電気ブラン」

根強い人気があるお酒です!

でんきぶらん

電気ブラン30度 720ml 877円    電気ブラン40度 720ml 1,114円  一升瓶入りもありますよ!

東京浅草の代名詞とされてきた、明治時代に誕生したブランデーベースのカクテル。ブランデーをベースにワイン、ジン、キュラソー、ベルモット、薬草などが配合されたカクテルで、詳しい材料や配合の割合はいまだに秘密なのです。

飲み方は、良く冷やしてストレートで飲むか、オンザロックがおすすめ。基本の飲み方は良く冷やしたストレートなのだそうで、神谷バーでは氷水と共にサービスされるのだとか。さらに神谷バーのおすすめの飲み方は、生ビールをチェイサーにして交互に飲む方法なのだそうです。

お湯で割ってホット電気ブランにしても、けっこうイケますよ!

その昔、浅草が華々しいころ、浅草六区で活動写真を見て、その興奮を胸に一杯拾銭で電気ブランをコピリンコ。それが庶民のハイカラな楽しみ方だったのです。この頃、数々の文豪達が神谷バーへ通い電気ブランを楽しみました。正に浅草浪漫なのであります。

当時はハイカラな物に電気〇〇と名付けました。また、ストレートで飲むと舌がビリビリッ!!っと電流が走った様にしびれる事から、そのへんをかけて、電気ブランと名前を付けたのだそうです。ブランはブランデーを省略した言葉。

昨年の夏、チェコの青年をホームステイで受け入れたのですが、その時皆で浅草へ遊びに行たんです。最初に人力車に乗ったのですが、人力車を引っ張るお兄さんが浅草の案内をしてくれて楽しめましたよ!チェコの青年は写真を撮りまくり!!浅草は浅草寺を中心に、味わい深い繁華街が出来ていて、そこをブラブラして、お団子食べたり、お芋のケーキ食べたり、ショップを見物してるだけでも結構楽しめますね。ネズミ小僧も屋根の上にいるしね(笑)。お団子やお芋のケーキはメチャ旨!流石は浅草!!

人力車  浅草寺

浅草だんご

人力車のお兄さんが教えてくれたお団子屋さん、メチャ旨でした!また、お向かいさんのお芋のケーキも美味しい!人力車引っ張る人って、みなさん健康的な美男、美女なんですね!ちょっとビックリ!!もちろん若い!しかも優しくて優秀な感じなんですよね~!

浅草はスゴク良いところで楽しいのですが、コワモテの方が結構おられます。それはそれで、浅草独特の雰囲気を創り出している一つの要素ではあるのですが、ちょっとコワイかも!!

浅草見物の後、船に乗ってお台場や浜離宮へ行けるのも良いですね。子供や観光旅行者には、凄く喜ばれそうな場所です。チェコの青年も大喜びでしたよ!

ハトバスでの浅草見物も良いですね。ずいぶんと前の話ですが、外国人向けのハトバスツアーに付き添いで乗った事があるんです。その時の、バスガイドのお兄さんがやたらと可笑しかったんですよ!「マイ ネーム イズ サトウ!  コール ミイ シュガー!(笑)」とか、やたらと大げさに言っちゃって、日本人にだけ受けて大盛り上がりしてたんです。もちろん外国人の方々は、何の事か分からずシーンと静まりかえってたのですが!!(笑)

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ