「東京証券取引所」と「日本銀行」の見学

 

 

「春休み、シェア先生の親子経済教室 東証日銀見学会」に運よく参加させていただけることになり、「大金持ちになり方教えてやるよ!」と、二人の息子を連れて参加させていただきました。

この企画、すごく良かったものですから、このブログでもご報告させていただきます。

弟の方などは、「オレ株を50%以上買って、社長をとっかえて、すっごく儲かるようにして、そんでもって株売って大儲けするし!」などと、大物みたいなことをのたまっておりましたから、子供にとっても刺激的だったのだと思います。


 

 

 

 

 

 

「社長になりたい人、手をあげて!」みたいな、東証のシェア先生の教え方がまた素晴らしかったです。ちなみにうちの子たちは手をあげなかった(汗)

2016032512310000.jpg

 

 

 

 

 

 

シーンと静まりかえった取引所内。80年代のテレビで見た取引所の喧騒がウソのようです。


 

 

 

 

 

 

これが、あの「上場の鐘」。上場をはたした企業の方が、鐘を5回たたいて鳴らすのだそうだ。

・・・・・でも、この静まりかえった取引所で鳴らすのかな!?

2016032512030000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

埼玉県生まれでは、たぶん一番偉い人。そしてこの取引所の創設者である渋沢栄一。

カルタにも登場する英雄の渋沢栄一の名前に、埼玉の子供たちは絶対に興味を示すのです。

 

もし、この企画に参加されるのであれば、早めに行って取引所内にある資料館の見学をおススメします。

 

その後に見学させていただいたのが、日本円を発行している日本銀行。

スゴイ金庫、スゴイ肖像画・・・・スゴイ!

その中でも、「こりゃあスゴイな」と思ったのが、展示されていた昔の債券。

「インペリアル・ジャパニーズ・ガバメント・ボンド」と書かれてる、1904年にイギリスで発行された額面金利6%の大日本帝国政府債。

その証券がまた美しい。藍色の模様で縁取られ、富士山の絵が描かれている。美術品としても非常に価値があるのようにも思いました。

当時の大日本帝国の威厳みたいなものを感じた次第です。

その債券発行で戦費を調達した高橋是清は、その後に日銀総裁経験者として初めて50円札に描かれたのだそうです。

ガイドさん曰く、「個人の方でも、もし高橋是清の50円札をお持ちでしたら、日銀ですぐに今の50円と交換させていただきますよ」だって(笑)。

なかなか大笑いできる雰囲気ではなかったのですが、心の中で爆笑させてもらいましたよ。

2016032615500000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

日銀でお土産にいただいた、細かく裁断されたお札。一万円分ぐらいはあるらしい(笑)

お世話になりました。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ