ハイビスカス咲く!温暖化の影響か!?

秋も深まり12月も近づいたこの時期の蕨でハイビスカスが咲いた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様から頂いた我が家のハイビスカス。

ハイビスカスといえば南国の代表的な花で、夏に咲くのは埼玉県でもあたりまえだと思うのですが、この時期に咲くのはやっぱり温暖化の影響でしょうか。あまり日当たりの良い場所じゃないんですけどね~!葉っぱは青々として茂ってます。

確かに朝晩はスゴク寒いのですが、昼間は比較的暖かい。紅葉も今年は一ヶ月ほど遅いような気が。このまま、この傾向が続くとすれば、空恐ろしい気がして来ますよね。

 酒屋のオヤジは環境の専門家ではもちろんありません。でも、地球全体での人口の増加と、新興国の都市化が地球の温暖化に影響しているのは間違いないような気がします。とすれば、少なくともこの先10年ぐらいは温暖化が進むことになるわけです。

 そうなれば、酒類業界では、フランスの高級ワインがこの先毎年のように凝縮感ある偉大なヴィンテージとなって、日本の地酒蔵では厳寒の時期に仕込む吟醸酒の仕込みが自然の環境ではうまく行かなくなるかも知れません。

その他様々な変化が起こる可能性がありますよね!(汗)

ということで、空恐ろしい思いのハイビスカスの開花でした。

 

 

ページ
トップ