クリスマス・プレゼント

日本での「クリスマス」に対する位置づけは、」微妙にあいまいかも知れませんね。

ひょっとすると子供とか恋愛中の人を除けば、ほとんどの人にとって「ケーキとチキンの日」みたいな位置づけなのかもしれません。酒屋にとってもクリスマスのための贈りものは、お歳暮とかお年賀の贈りものと違って、”ささやかな気持ちです!”的な商品を、クリスマスっぽくややきらびやかにお包みする感じでしょうか。

販売をさせ頂いている立場としては大変失礼な意見で恐縮なのですが、そんな状況が日本人のクリスマスに対する位置づけを物語っている気がするのです。もちろん中には高級シャンペンをご購入されるお客様もおられるのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のブログをこんなネタにした理由は今朝にあります。発見したんです。長男の寝床にサンタさんへの手紙が張り付けてあったんですよ!「大好きなサンタさんへ・・・・・・あれ下さい・・・・・・これも下さい・・・・・・おとうとの場所とまちがえないで下さい・・・・・・おかしをおいてあるので休んでって下さい・・・・・!(汗)」みたいな親としては「まいったな~!(汗)」みたいなお手紙。

聞けば、「お友達はみんなサンタさんから毎年プレゼントをもらっていて、自分達も毎年もらってるから今年ももらえるハズだ!」などとぬかしてるんです。しかし、どこの家にも煙突はないらしい!(笑)それ以外にも「おじいさんサンタ」とか「おばあさんサンタ」とかがおられて、「オモチャだらけになるじゃないの?」みたいなお友達もいるらしい。

 そしてクリスマスが過ぎれば次はお正月。今度はお年玉がもらえたりするわけで、「日本の年末は子供に甘すぎるんじゃないの?」みたいな気も親としてはするわけですよ。そして、そのお年玉は結局オモチャへと変わるわけで・・・・・(汗)!

それでも、しょうがないからサンタ代行としては出来るだけ予算の範囲内で収まるようにして、当日は夜中に子供が用意したお菓子でも食べようかと思ってます!(笑)

でも・・・うちはたしか天台宗とかいう仏教徒だったような・・・・・・・・・・・(汗)!このへんの宗教観のない宗教的な行事が日本の平和を象徴しているのかも知れませんね。

しょうがないから、近くの個人商店で美味しいケーキと美味しいチキンを購入させて頂いて、美味しいシャンペンでも飲んで、少しは地域経済に貢献したいと思います。

きっと日本のクリスマスは、そのためのクリスマスなんですね!

 

 

ページ
トップ