ディズニーランドと忘年会と消費

会社関係、特に会社内での「忘年会」という言葉は死語になりつつあるのでしょうかね?

「会社に行っても、忘年会なんて言い出せる雰囲気じゃ、全然ないんだよね!」なんてよく聞くんですが、リーマンショック以後、急激にこの傾向が強まってきた気がします。閉塞感が漂っていて、世の中、不景気そうにしてなきゃいけないんじゃないの?みたいな感じで、やたらと不景気話に花が咲いたりしてますね(実際に不景気ですが)。儲かってしょうがない人まで、そんな世相に影響されて、不景気そうにしている感じです。

じゃーどんな人が忘年会やってるのか?と言うと、利害関係のない仲間や、地域の会、気の合う仲間などの方々が、自腹を切って年の瀬に集まり、楽しんでいるんですね。そこでは、会社では見せられない様な表情で、皆さん大いに盛り上がっているのです。これって、すごく健全な、あるべき姿に戻っているのではないでしょうか?飲食店さんには申し訳ないのですが、今まであった習慣が、時代の変化に対応し、その時代に合ったスタイルへと変化しているのだと感じますね。

実は先日、子供を連れて、ディズニーランドへ行って来たんです。不況下の平日、「いくら12月だからって、空いてるでしょ!」なんて思っていたら、着いてビックリ!凄い人!この人達全員が、このディズニーランドで1万~2万円消費するのか!と想像しただけで、ホントに不景気なの?って思っちゃいましたね。皆さん、Dランドの中では、ポンポンお金使ってる感じ。不況下でも、みなさん自分達にとって価値があると思えば、お金を使うんですね!今年の忘年会の傾向と同じ。意味のある事だと思えば、出費をある程度までは許せるのです。

と言うことで、ディズニーランドのクリスマスツリーです。

浅草とディズニーンド 076   浅草とディズニーンド 095

浅草とディズニーンド 110

ディズニーランドのクオリティはスゴイですね!思わず、酒屋のおやじも大判ぶるまいになっちゃいましたよ(笑)!子供達に「ディズニーランドって、すっごく楽しいね~!」ってホントに思わせるところは、流石!(大人も楽しいのですが、食べ物とお酒を何とかしてほしいのであります!)この世のパラダイスでしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ