「馬油」つらい日焼けにうれしい

 

 

日焼け止めもつけずに海で遊んでたら、おでこが日焼けでヒリヒリと痛い。

次の日には、その赤く日焼けしたおでこの皮膚がはがれ始めた。

「・・・・そういえば馬油がやけどに効くって言ってたなぁ~」

と思いだし、家にあった馬油を赤く日焼けしたおでこに塗ってみたんです。

驚いたことに、翌日のおでこは、何もなかったかのような、やや日焼けした痛くもかゆくもないおでこに戻ってました。

皮膚がはがれ始めた部分も、まったく分からない。

「・・・・・・馬油って日焼けに効くかも・・・・!」

そう思った次第です。

2015081911100000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【馬油】@1,000円+税 (酒倶楽部ステップで販売しております。)

あるご高齢の奥様は天ぷらがお好き。

天ぷらを揚げる近くには、必ず「馬油」を置いてあるのだそうです。

そこで、天ぷら油が跳ねて、腕などが火傷したなら、すぐにその場所に「馬油」を塗るのだとか。

「馬油」を塗れば、その火傷はすぐになんでもなくなるとのこと。

 

そんな効用は日焼けにも有効なようです。

以前、日焼けした肌にアロエのお汁を塗って、その効果を感じたことがありますが、今回の「馬油」はそれ以上に効いたように思います。

「・・・・まいったな・・・日焼けがけっこう辛いかも(汗)」と後悔したら、「馬油」を試してみては如何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ