「サンタギュール」食べやすいブルーチーズ

クセの強過ぎないブルーチーズ(青カビチーズ)です。

サンタギュール 80g 500円

フランスの中央部、オーヴェルニュ地方で牛乳から作られるブルーチーズ。見た目は「青カビチーズの王様」と呼ばれるロックフォールに似ているのですが、味わいはロックフォールよりも穏やかでクセが少なく、塩分も控えめなチーズです。

ロックフォールのように極甘口の貴腐ワインを合わせてもよく合うのですが、やや甘めのワインや赤ワイン、日本酒などにも合う味わいだと思います。

今日みたいなやたらと蒸し暑い、食欲の減退しそうな日には、やや塩分のあるサンタギュールをトーストに塗って食べるのも良いですね。強過ぎないしょっぱさが嬉しいです。食欲もわきますよ。

しかし今日の蒸し暑さはホントに凄まじスギ!猛暑ならぬ”猛蒸(モームス)!”ですか(笑)!?← 一応、お寒いギャグの気づかいですが、少しはお寒くなったでしょうか(笑)・・・・・・・スミマセン(汗)!

今日は間違いなく冷たいものがご馳走!冷たさを楽しむ千載一遇のチャンスと言っても過言ではないでしょう!「こう暑くっちゃ、飲まなきゃやってらんねーよ!」って言いながら来店されるお客様が本日酒屋には多いです。

ちめた~くて、グビグビ飲めちゃうのを、思いっきり楽しんじゃって下さいね!おつまみには、ほど良いしょっぱさの「サンタギュール」ですよ!

 

 

ページ
トップ