大好評「長芋のお好み焼き」

先日、御歳暮で長芋を沢山頂きました。ありがとうございます。「これで、しばらく”とろろご飯”を食べる日が続くな~!」などと微妙な思いを抱きながら、TVを付けて遅いお昼を食べていたんです。そしたら、TVに柴田理恵さんが出て来て、お酒のつまみに合う「長芋のお好み焼き」の作り方を放送してたんですよ。すごいタイミング!!

それがまた、簡単で美味しそう!TVに出ているアナウンサーの方も「外側がパリッとしていて、中はもっちりとして、実においしいですね~!」なんて言ってるんです。簡単でおいしい酒の肴作りには、がぜん闘魂を燃やす酒屋のおやじとしては、「旨い酒を飲むために、我が家でも作ってやろーやないけ!」と言うことで、次の休日、大掃除をやり(大汗)、買い物にも付き合って(疲)、酒屋のおやじは、やっと夕方から、やおら作り始めたのであります。

nagaimo

あまりに美味しかったので、作り方をご紹介します。めちゃめちゃ簡単なのですが(笑)!

先ずは、皮をむいた長芋をひたすら摩り下ろして、トロトロにします。そこへ「塩コンブ」「とろけるチーズ」「削り節」「刻み葱」「刻み海苔」などをガサガサと入れて行き、混ぜ合わせます。それを油を少々入れたフライパンに、おにぎり一個分ぐらいづつ入れて、両面をこんがり焼けば出来上がり。ちょー簡単なのです!

作っている最中、味見をしてみますと、塩コンブの塩分が程よく出ており、確かに美味しい。当然、作業の合間に待ちきれずにコピリンコとやっていた酒屋のおやじは、思わずそれだけでお茶碗3杯の焼酎をやってしまったのであります(ご飯じゃねーぞって!?)!そして、こんな美味しい長芋を送ってくれた先輩の住む長野県方面に向かって、感謝の意を込め万歳三唱!旨い~!ばんざ~い!・・・(笑)!も~足を向けて寝ないから、また送ってね~!!もちろんTVで、この作り方を伝授してくれた柴田理恵さんにも、感謝の二拍一礼!長芋にこんな食べ方があったなんて!目からウロコなのであります!

そして、いよいよじっくりとリテーブルに座って、たっぷり酒の肴として楽しんでやろうやないか!と、やおらテーブルに持っていって夕食の料理の間に置くと、抜け目がない、うちのガキンチョどもが「おつ!これ!おいしいね~!!」などとぬかしつつ、あらかた平らげてしまったんですよ~(涙)!じゃっどん、まだまだ作れるぐらい長芋があるから平気なのでごわす!!ガハハハハ・・・・・・お正月にも食べるでごわすよ~!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ