夏の甘酒は夏バテ対策!

先日、新聞に発酵学者の小泉武夫先生による「甘酒」の記事が載っていましたのでご紹介します。

国菊 あまざけ

なんでも江戸時代、甘酒は主に夏に飲まれたのだそうです。その理由は、甘酒には大量のブドウ糖とビタミン類、アミノ酸類が含まれていて、現代の医療に当てはめてみると、栄養補給の点滴と同じなのだとか。

(甘酒=炊いたご飯に米こうじと湯を加え、一夜保温しておくと、翌朝には甘い飲み物になる。)

江戸時代、夏の厳しい暑さに老人や子供達は体が衰弱し、夏を越せない人も少なくなかった。そんな時、一杯の甘酒は弱った体に活力を付けたとのとこ。江戸や大坂には、夏になると甘酒屋が「甘酒~え、甘酒~え」と声を張り上げて売り歩いたと古文書に書かれているそうな。

そのため、今でも俳句の季語辞典を見ると、甘酒は夏の季語となっているのだそうだ。

小泉先生の手造り甘酒:

先ずデパートなどの自然食品売り場に行って米こうじを買って来る。その米こうじを茶わん1杯分に対してご飯3杯分、60度ぐらいのお湯を7杯分加えて混ぜ合わせ、これを保温気(電気炊飯器のようなもの)で、55度~60度に保ち1晩(大体6~8時間)置く。

すると翌朝には、とても甘くてトロトロに溶け合った甘酒が出来ているから、これを冷蔵庫に入れて冷やし、ぐっと冷えたところでいただく。

また、クラッシュアイスをコップに入れ、そこに甘酒を入れてシャーベット状にして飲んでも美味しいとのと事なのです。

個人的には牛乳で割って飲むのが美味しいと思います。また、暑さで子供が食欲のない時などに、シリアルに牛乳と甘酒をかけると甘味が増して、食べやすくなります。

自分で造るのが面倒だったり、保温器が無かったりするときは・・・・・酒倶楽部ステップで販売しております!ご来店下さいね(笑)!!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ