グランヴァンの流行はラフィットからDRCへ!

中国系のグランヴァンに対する流行は変化したようです!

The Liv-exさんの伝えるところでは、今まで高級ボルドーワイン上昇を引っ張ってきたシャトー・ラフィット・ロートシルトは下落に転じ、その下落と反比例するようにドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)が急上昇しているとのこと。それも高値を更新しているのは香港でのオークションで、やはりここでも中国系からの買いが入っているらしい。またDRCの他のブランドも追随して値上がりしている。

 ラフィットのバブルが弾け、今後はDRCがバブルへと向かって行くのか?単に中国系のワインコレクターにとって割安感のあるグランヴァンに資金が向かっているのか?ファッションと同様に中国系にとってラフィットはもう魅力がなくなってしまったのか?DRCが中国系にとって高過ぎる水準となればイタリアやカリフォルニアの高級ワインに人気が移るのか?・・・・・などなど疑問は多いですが、一つ確かなことは、中国系をメインとするアジアからの高級ワインの購入意欲は衰えていないということです。

投資対象としても投資が可能な高級ワインのパフォーマンスは、あらゆる投資可能商品の中でベストとも言えるパフォーマンスです。しかもその投資商品としての特徴は、ロウ・リスク、ハイ・リターン!希少性があり、年を重ねれば消費される分も多くなり、更に希少性は高まって行くのです。

もちろん難点もあります。信頼に足りるワインの保管方法と流動性が低いこと。日本では、利益を上げた場合の税金が高いことも加わります。しかし余剰資金というか、とりあえず使う予定のない資金があれば、最近人気のFXに向けるよりは長期的にみれば魅力があると思うのです。

参加される場合、まとまった資金があれば世界的な大手ワイン商を通じたり、ワイン投資ファンドを購入したり。まとまった資金がなければThe Liv-exに参加されるのが良い方法かと思われます。

酒倶楽部ステップも一応ワイン業界の末端のさらにもっと先っぽには位置していると思うのですが、そんなお手伝いが出来ればいいな~!て考えて憧れてしまいます。

もし、この手の案件で酒屋のオヤジがお手伝い出来ることでもありましたら、お声かけ頂ければ嬉しいです。この分野の勉強もしてみたいと思っております。

 

 

ページ
トップ