最近では最悪のボルドー2011アン・プリムール

ワイン商曰く「最近の記憶の中で最悪の状況だ!」。ボルドーワイン2011年ヴィンテージのアン・プリムール(先渡し取引)の感想なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイン専門誌「ザ・ドリンク・ビジネス」によれば、ボルドーワイン2011のアン・プリムールでは、あまりにも多くのワイン価格が高過ぎることに対してワイン商達が不満を持っているとのこと。その結果、市場はしらけムードとなっている。

ベテランのワイン商は「私達の19年の歴史の中で最もひどいアン・プリムールだ!」「価格と価値の感覚の欠如がアン・プリムール市場を支配している!」「この高過ぎるプライシングは、バイヤーにとって購入につながるインセンティヴがまったくない!」と語っているのだそうだ。

また、プライベート・セールス業務の話として、高過ぎる価格に玄人の顧客は今までのヴィンテージを振り返り、品質の競合できるヴィンテージで2011年ヴィンテージよりも安い価格があれば、代わりにそちらを買う動きに出ているとのこと。

 タイミングも取引が少ない理由なのだそうだ。沢山のワイン価格が一度にリリースされたため、購入のための作業が出来ないらしい。なんでも1日に2500通のメールが送られて来たのだとか。

2011年ヴィンテージの品質には全く問題はないのだが、パーカーズ・スコアーでも特に注目に値することはなかった様子。

偉大な年2009年ヴィンテージの後に、これまた良い年で価格が高かった2010年ヴィンテージが続き、その後の2011年ヴィンテージ。「お腹がいっぱいの上に、わざわざ値下がりする可能性のあるような価格で買いたくない!」ってとこでしょうか。

 長く続いたボルドーワイン価格の上昇が本格的な調整期に入り、「上値の重さ」「需給バランスの不健全さ」が感じられるボルドーワイン2011ヴィンテージのアン・プリムール市場と言えるようです。

 

ページ
トップ