「酒屋の株話」メジャープレイヤー戻る

 

 

大都市でのテロ、基礎工事のデータ改ざん発覚の広がり、商品価格の値下がりとさらなる先安感・・・・と、なんだか株式市場にとっても上値が重そうな雰囲気ではあるが、それでも今週の株式市場は”底堅い”印象でした。

11月第1週の「投資部門別売買代金差額」によれば、海外投資家が買い越し。一方、個人は売り越し。

8月、9月の強烈な下げ圧力を乗り越えて、やっとメジャープレイヤーである海外投資家の買いが戻って来たんですね。

2015111410420001

 

 

 

 

 

 

 

 

「写真は日本経済新聞に掲載されたのもです」

売買代金10月の月間ベースは海外投資家のシェアが73%。

今や当たり前の状況ですが、日本の株式市場を動かしているのは海外投資家です。そんなメジャープレーヤーである海外投資家が、8月、9月と強烈に売り越した後、今度は買い越しに転じている。

こんな状況に「すわ・・・倍返しか!?」みたいなことを言い出す人がいてもおかしくない気はしますが、そんなの楽観的過ぎて誰も言わないし、実際に個人は売り越している。

もし仮に倍返しになるとすれば、20,947円から16,901円まで4,046円の値下がりの倍の値上がりで24,993円まで値上がりすることになる・・・・・・長期的予想ならまだしも、短期となればやっぱり想像しにくいか。

それでも、もし個人の売り越しがひと段落して、買い越しに転じたなら、海外投資家と個人でシェア90%の買い越しとなるため、その倍返しの水準まで短期間で上昇する可能性もあるのではないか、と想像する次第です。

どちらにしても激しく売られて下値を試した後の今、強気で行くしかないでしょう!

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ