「酒屋の株話」業績を追いかける

 

 

日経平均株価が先週22000円に到達したかと思えば、もう今週には22,500円を突破した。

もうあと100円ちょっとでバブル崩壊後の戻り高値とならぶとのこと。また、この1ヵ月の上昇率は10%超え、世界の株式市場でもっとも高い上昇率だった。

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

出遅れ感の強かった日本株市場も、ついに世界の主要市場に追従し始めたということだろう。

それでも、その上昇スピードの速さは、これまで以上に高所恐怖症的な警戒感を増幅させている印象はある。

しかし、注目すべきことはこれが業績相場であり、業績の拡大にともなって株価が上方修正されていることではないか。

新聞によれば、日経平均株価は今週530円と大幅に上昇したが、予想PERは15.28倍で前週末に比べてわずかに低下しているとのこと。

つまりは、まだ株価が業績の伸びに追いついてさえいないのだ。

絵ずらならぬ「チャートずら」だけを見れば確かに”こわい”・・・・・・それでも、演繹的に考えたならこの価格上昇は当然の成り行きといえる。

プロの方々にしてみれば、今の日本株を買わなければベンチマークに負けるかも知れないリスクもあるのだろう。日経平均株価の上昇はまだ始まったばかりだ。

そして日経平均株価が、もしバブル崩壊後の戻り高値である22,666円を超えてくるようなことになれば、次に来るターゲットはいよいよ平成バブルのピークとなる。

ついに蓄積を続けたマグマは噴火することになるのか・・・・たぶん平成バブルとは異なり、「一強多弱」とも言えるような選別された噴火に至るのではないか。

大型株ばかりでなく、この利益の上昇は中小の成長銘柄の株価もさらに押し上げると期待したい。

ページ
トップ