「酒屋の株話」刺激を求めない

 

 

「大型株ばっかりやんか!」みたいな感じではあるが、日経平均株価は14営業日続伸し、高度成長期の1960年12月~1961年1月に記録した最長記録に約56年9ヵ月ぶりにならんだのだそうだ。

1961年も2017年も東京オリンピックが3年後に控えているのは偶然なのか。1961年の日経平均はその後に7月まで上昇した後、調整に転じた。つまりはしつこく値上がりが続いたということだ。

この過熱感のない値上がりは、今回もしつこい上昇トレンドになりそうな気がする。

海外投資家の買いも戻って来た。4月~9月の業績が出てくれば、中小の成長株も上昇に転じるのだと思う。

 

 

 

 

 

 

それでもNYダウのチャートを見れば、「少しは押し目とかがあっても良さそうなもんだけど・・・!」みたいな高所恐怖症的な恐ろしさがある。

強い投機性を帯びていることが存在意義のようなヘッジファンドは、その足の速い大量の資金でレバレッジを効かせて取引する傾向にあるため、何かがきっかけとなって一時的に大きく下落するようなこともあるのかも知れない。

そんな市場の状況は1961年と違うところなのだろう。

上昇傾向は続くとしても、超優秀な人工知能による取引方法でもない限り、短期的思考は得策ではなさそうだ。

この過熱感の感じられない日本株市場は、まだ懐疑の中で育っている段階にあるようだ。つまりは今後の息の長い強気相場の継続を暗示しているのではないか。

市場心理の、恐れを買い熱狂を売ろうと思えば、たぶん今はただただ保有し続けるべき状況なのだろう。

上がりそうで上がらない、上がらなそうで上がる・・・・ちょっとうんざりしながら見守るのが投資なのだ。決して刺激を求めてはいけないような気がする。

いよいよ4月~9月の業績発表が本格化する。

期待したい。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ