「酒屋の株話」あらゆる状況は永遠ではない

 

 

「人間は将来が現在の延長線上にあると考えがちである」と言われているが、今の日本株市場はそんな心理状態が支配的になっているのではないか。

日本株の再帰的な価格上昇は、逆張りによる空売りを増加させているようだ。

信用売り残は再び1兆円を超えて来ているとのこと。

 

 

 

 

 

 

【写真は日本経済新聞の記事】

アイデアとしては日経平均ベースで20,000円を超えれば売り、19,500円を下回れば買い、と言う感じだろうか。

それでも、強含みの市場で空売りが急増して、価格が下がらないとしたら・・・・・・・これは、ちょっとリスキーな展開になるのかも知れない。

投機的ヘッジファンドがこの膨らんでいる空売りの反対売買を狙って、いわゆるスクイーズを仕掛けてくる可能性はあると思う。

為替市場などでしばしば起こる展開だ。また、流れは再帰的な動きに傾いている。

もっとも、勇敢に空売りを仕掛ける方々にとっては、そんなことは百も承知の話なのだと思うが。

 

カネ余りはIPO銘柄に強烈に流入していた。ウォンテッドリーのPERはなんと6000倍を超えるというから、同じ日本株市場の話とは思えない。

「いくら何でも6000倍はマネーゲームのバブルでしょ!」・・・もう何年も高値を上回ることは難しそうだ。

次にカネ余りに狙われるのは成長株ではないかと期待したい。

日本株市場には、業績の拡大が見込める成長株が存在する一方で、マクロ環境からくる悲観的な見方は継続している。

それでも、同じ状況が永遠に続くことはない。

金融緩和路線の潮目は変わるのかも知れないが、まだまだ続くとみられるこの空前のカネ余りの時代に、懐疑心の強い日本株市場にあって、値上がりの可能性のある魅力的な銘柄があるとすれば、短期的な警戒感はこの際かなぐり捨てて、「とりあえず買っとけ」って話ではないかと思う。

ページ
トップ