和食とワインをあわせてみよう!

今年も

ステイホームのゴールデンウィークが

始まりましたね。

 

葡萄とくま は

スティホームを エンジョイホームにできるような

そんなワインを揃えるよう努めています。

 

普段の食事に 一杯のワインを添える。

食事もワインも ペアリングすることにより

さらに 美味しくなる。

そんな毎日を送れるお手伝いをしていきたいです。

 

さて、

「おだしとワイン 究極の出会い」というセミナーに

参加してきました。

 

先生は

銀座の老舗フレンチレストラン アピシウスの

情野 博之ソムリエ。

 

今回のセミナーは業界関係者向けの内容でしたので

銀座の寿司店でのワインへの取り組みを例にして

和食の店で ワインを積極的に販売するメリットを

お話くださいました。

 

和食の味の基本は 「出汁」ですよね。

出汁がワインに合えば

その出汁を使った料理はワインに合うはず!

 

セミナーでは

合わせ出汁とポン酢出汁 を

シャンパーニュとシャブリ

そして

ブルゴーニュ ピノ・ノワール

とあわせました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出汁は 旨味のかたまりなので

シャンパーニュや シャブリ、ブルゴーニュの赤ワインともに

出汁と ワインの甘味が 倍増されるような感じでとても

合いました!

 

驚きなのは

ぽん酢だし。

 

出されたぽん酢だし自体も美味しかったのですが(笑)

 

ぽん酢の酸味と ワインの酸味が

相乗効果で美味しいです!

酸っぱいものには 酸のあるワインが合いますね。

 

シャンパーニュや ピノ・ノワールとも

ぽん酢だしは合います。

それぞれの甘味が引き出される感じでした。

 

情野ソムリエの話では

このぽん酢だしをつかったちょっとした料理。

例えば

ぽん酢だしに わかめや茹でたタコをあえたりしたもの

は ピノ・ノワールに合うということでした。

 

この論理だと

酢で絞めたこはだや しめさばなどもピノ・ノワールに合うのだとか。

 

気軽に 和食にワインを合わせられそうですね。

 

普段の食事にあわせるポイントの一つとして

「出汁にあうかどうか」にクローズアップしてみる。

 

お家時間のお食事で ちょっと一工夫してみてください。

 

ページ
トップ