隠れたおすすめヌーヴォー

ボージョレ・ヌーヴォーの

ご案内開始しています!

詳しくは↓をクリック

2021ボージョレ・ヌーヴォーA4チラシ-おもて

2021ボージョレ・ヌーヴォーA4チラシ-うら

 

 

今年は

例年以上に

たくさんのご注文をいただいています。

 

ステイホームを愉しむ方が多いのかも。

それから

ヌーヴォーで 季節感を愉しみたいという方も

いますね。

まだまだ、お出かけできなそうですから・・・。

 

 

一番人気は

ジャン・クロード・ラパリュ。

1本飲み終わって

幸せに包まれるヌーヴォー。

 

実は

さらに おススメのヌーヴォーがあります。

 

セレネ ボージョレ・プリムー

葡萄とくまの ヌーヴォーチラシ番号 4

 

 

 

 

 

 

 

造り手は

まだ若き、シルヴェール・トリシャール。

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年から

ボージョレ、ブレッセ村でワイン造りを始めた

新しい生産者です。

 

以下、輸入会社さんから↓

 

シルヴェールは子供の頃から

いつもぶどう畑にいた。

おじさんがワイン生産者で、

ドメーヌ・ド・ラ・フーリィという名前の

ドメーヌを所有していたからだ。

18歳からおじさんのドメーヌで

働いて以来数々の生産者で経験を積んだ。

2002年、JCラパリュに出合い収穫を体験

その際、自然派ワイン醸造というものを初めて知った。

その経験が、彼のワイン造りに対する興味に

スイッチを入れたのだった!

2008年農業開拓責任者資格(BPREA)を取得、

同時に醸造学と有機農業を履修した。

彼は、ドメーヌ・ベリュアールにて研修をしたが、

そこですっかり自然派ワイン造りというものに

魅せられてしまった。

2012年、彼はおじさんのぶどう畑を譲り受け、

遂に自身のワイン造りが始まった。

おじさんは当初よりビオ、ビオディナミにて

ぶどう栽培を行っており、

当然その自然な栽培方法を受け継いでいる。

つまり、常にビオディナミが行われていた畑の

ぶどうでワインを造っていることになる。

彼のワインの味わいは、

まさに最先端の自然派そのもの

軽やかでフレッシュ感に富んでいる。

しかし骨格はしっかり存在し、

エレガントな味わい。

”セレネ”とは

ギリシャ神話に登場する「月の女神」。

ビオディナミを実践するワイン造りを象徴するワイン名だ。

 

↑↑↑

 

ジャン・クロード・ラパリュの系譜をもつ

自然派の生産者です。

 

スイスイ飲める上質の

ナチュールワインを

作っています。

 

今年は

やはり難しい天候の影響を受けて

生産量がとても少ないようですが

こんな年こそ

生産者の実力が表れるものです。

 

セレネのヌーヴォーは

より厳選された葡萄で

素晴らしい味わいになるでしょう。

 

私も ほんとに楽しみです!

 

是非是非 ラパリュとともに

セレネも ご予約してくださいね。

ページ
トップ