白ワイン/フランス  ユンヌ・イロンデル・・・ ルーセット・ディ・サヴォワ

 

グルメで話題のサヴォワ地方から ナチュラル、豊潤、深奥な魅惑のワイン

ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ  ユンヌ・イロンデル…

Domaine des 13 Lunes Une Hirondelle…

 

 

 

 

 

 

 

2018年  現在在庫あり (2020.7月現在)

 

グルメで 話題の サヴォワから ナチュラルで エレガントな白ワイン

サヴォワ地方の 白の主要品種 「 アステル 」

別名 「 ルーセット 」

果実が完熟したときにRousse(赤褐色)になることに由来

 

柑橘系のフルーツの香りや ハーブの香り

きれいな酸味と果実味で 透明感があり

さっぱりと ドライな印象の辛口

 

 

フランス サヴォワ地方  AOP Rousette de Savoie

葡萄:アルテス

 

0/7ha。粘土石灰質土壌

平均樹齢25年

80%をグラスファイバー製タンクで、20%を228リットルの樽(オーク50%、アカシア50%)で発酵後、同10ヶ月間熟成

 

作品名は、「一羽のツバメ...」

 

2016年の創業時よりビオロジック栽培およびビオディナミ。2020年に「AB」と「demeter」の認証取得予定

白は除梗せず、赤は除梗100%。天然酵母のみで発酵。

 

輸出70%(EU各国、アメリカ、オーストラリア等)、フランス国内30%(仏ミシュラン3つ星「ル・フロコン・ド・セル」をはじめとする多数のレストランやワインショップ)

 

~以下 輸入会社の資料から~

 

ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ Domaine des 13 Lunes

 

 グラニエ山麓のシャパレイヤン村に2016年に創業した、超新星自然派ドメーヌです。
継承する畑を持たなかったシルヴァン・リオタールは、DRCやルフレーヴらにビオディナミを伝授した巨匠ピエール・マッソンの実子にして後継者、ヴァンサン・マッソンにビオディナミを師事した後、錚々たるアペラシオンの古畑畑を購入する幸運に恵まれ、「ドメーヌ・デ・トレーズ・リュンヌ」を設立しました。
「13の月というドメーヌ名も、ビオディナミの基本となる月の運行に由来しています。大地、海、そして動植物の活動は月のリズムに連動しており、私のすべての仕事もこのリズムに対応させています」。
合計5.65ヘクタールの畑にはジャケール、アルテス、モンドゥーズといったサヴォワ主要品種の古樹が輝き、「クリュ・アプルモン」「クリュ・アビーム」「ルーセット・ド・サヴォワ」といったフラッグシップ以外にも、意趣あふれるラインナップを展開しています。
51軒ものミシュラン星付きレストランを抱えるフランスきっての美食の地サヴォワにあって、彼のワインはファーストヴィンテージから大きな話題となり、3つ星「フロコン・ド・セル」を筆頭に多数のレストランのワインリストを飾っています。
偉大なヴィニュロンのオーラを早くも纏いはじめている彼のワインは、豊潤にして深奥。サヴォワ特有の控えめなアルコール度数も相まって、日常の食事から究極的美食まで、純然たるマリアージュの悦びを提供してくれます。

 

醸造家:Sylvain Liotard
ページ
トップ