奥野田ワイナリーZOOMセミナーを終えて

昨夜は

奥野田ワイナリーさんの

ZOOMセミナーでした。

 

コロナ禍でなければ

今月は

カベルネ・ソーヴィニョンの畑で

芽かき作業をした後、

摘むんだ葡萄の芽を

天ぷらにしていただくのを

楽しみにしていたのですが・・・。

 

仕方がないですね😢

 

代わりに

ZOOMで

奥野田の中村社長のお話を

じっくりとお聞きすることが出来て

良かった❣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葡萄とくまのお客様は

奥野田ワイナリーのファンの方も

多いので、

最新トピックスをお知らせしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は 葡萄の芽がでるのが とても

早かったそうです。

桜も早かったですもんね。

どんなヴィンテージになりますかね。

 

昨日の勝沼の気温は 28度。

このくらい暑いと 葡萄の葉は

一日に1~2枚展葉するそう。

 

現在の畑は 写真のとおり、新梢がぐんぐん

伸びています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑上の写真のブドウの新梢、下を向いていますよね。

伸びるのに疲れて 元気がないのかなぁって

みえますけど。

実は ここから一気に伸びるときは

新梢ってこんな風に 下をむくんですって。

植物って面白いですね。

 

奥野田ワイナリーさんは

最近 2つの新しい取り組みをされたそうです。

1つは

新しいプレス機。

 

 

 

 

 

 

 

今主流なのが

プレス機の中のバルーンが膨らんで

ブドウを優しくプレスして

果汁を搾る機械ですが、

こちらの機械は さらに進歩して

果汁をバキュームするように

搾りだすとのこと。

さらにソフトに果汁が取れるので

果汁にストレスがかからず、

ワインの質も向上することが望めるとのこと。

 

イタリアンカラーのかっちょよさを

中村社長はお気に入りの様子でした❣

 

そして

長年の夢、

純国産の木樽でのワインの熟成が

奥野田ワイナリーでスタートしたとのこと!

 

 

 

 

 

 

 

これは 感動です!

 

折に触れて

中村社長が語っていたことが実現。

山梨の丹波山村の木材を使用したのですが

木材の伐採も 簡単ではなく、

樽に加工するのも難しかったそう。

だから 18Lの小さな樽しか作れなかったそうで、

価格もとても高いそうです。

どんなことも 初めてやるっていうのは

大変なことですね。

 

でも、いつかは

この木樽が海外のワイナリーが購入するくらいに

なるかもしれません。

 

TVのニュースにもなったようなので

詳しくはこちらを↓

http://www.uty.co.jp/news/20210414/9044/

 

気持ちの良いブドウ畑の写真と

ワクワクするようないい話がきけて

とっても楽しいひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲んだワインも美味しかった!

 

奥野田ロッソ2019

マスカットベイリーAとメルローのブレンド。

優しい口当たりの辛口。

渋味も強くないので 少し冷やしても美味しいですよ!

これからの季節にお薦めです!

ページ
トップ