ワイン収集家さんの至福のワイン会

 

 

大変にありがたいことに、ワイン収集家さん主催の至極のワイン会に参加させていただきました。

セレクトされたワインは、大変に希少な古酒ばかり。

その熟成された一本一本に「茶の心」ならぬ、「ワインの心」の世界を感じた次第です。

自身が楽しんだ話で恐縮ですが、いくつかその贅沢なワインをご紹介させていただきます。

2016062819070000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

<シャトー・ベイシュビル1967>

コルクはかなり弱くなっておりましたが、流石はボルドー、約50年経ってもまだまだ若々しい。そして、流石はワイン収集家さんのコレクション。まだまだ飲み頃は継続しているようです。

2016062820380000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

浦和にあるフレンチレストランさんで、ボルドーワインに合わせて出された子羊料理。素晴らしい相性です。

2016062819060002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

<Apy Les Belles1957> フランス東部ジュラ地方のアルボア産の赤ワイン

まったく聞いたことのないワインでしたが、なんでもアルボアのワインとは、その昔フランス宮廷のご用達だったのだとか。こちらも約60年が経過しているとは思えない味わいでした。

「マリー・アントワネットあたりもこんな味わいを楽しんだのかな?」などと考えたら、素晴らしく贅沢な味わいだと感じた次第です。

2016062821120000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

<シャトー・クロ・オー・ペラゲ1990 ソーテルヌ>

当たり年のソーテルヌを、ブルーチーズのデザートと一緒に楽しませていただきました。1990年はソーテルヌを含むボルドーの当たり年。なんとも言えぬリッチな深みを感じる味わいです。

2016062821250000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

<ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン ラ・グラン・ダム ブリュット1989>

このワイン会のスタートワインは有名シャンパーニュでしたが、このワイン会の〆にも熟成したシャンパーニュ。

〆に熟成シャンパーニュとは、流石はワイン収集家さんです。

 

ワイン収集を行われている方がおられるからこその、至福の時間です。

大変にありがたく感じた、特別なワイン会でした。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ