ワインの試飲会”旨安ワイン情報!!”

酒屋のおやじは、ワインの試飲会へ行って来ましたよ!

ちょうど休日とワインの試飲会の日が重なり、酒倶楽部ステップのワイン担当と連れだってワインの試飲会へ出かけたのであります。

いろいろなお酒の味見が出来る!酒屋の特権なのです。ムフフ・・・!!いいでしょ!(でも、ワインが沢山ありすぎて、さすがに疲れました~!!)

今回の酒屋のおやじの試飲テーマは”美味くて安いワインを探す”です!

PH_220    PH_207

午前中、早めの時間に行ったのですが、もう中は沢山の人!みなさん熱心です。

ワイングラスをグルグル回し、やおら鼻をグラスに突っ込んで、眉間にしわを寄せた難しい表情をされてる方ばかり!焼酎の試飲会とは違うぞ!!と酒屋のおやじは、やや気遅れぎみ。社員さんも若くて美男、美女ばかり、ますます焼酎の試飲会とは違う感じ!(焼酎関係の方、見てたらごめんなさい!)そんな中で、我が酒倶楽部ステップのワイン担当にくっ付いて試飲開始!!

PH_210

まず一番最初に”やや!”と来たのが、このビオロジック製法(科学物質を一切使わない製法)の「エラ グリッロ」と言うイタリア・シチリアの白ワイン。グリッロというマルサラの原料になる葡萄のワインで、とっても締った感じのドライな辛口で、ドライシェリーの様なニュアンス。シェリー好きの酒屋のおやじとしては、とても気に入りました。価格は1,200円前後。

PH_212

次に、酒屋のおやじが”おお!”と思ったのは、やはりビオロジック製法の「タマヤ・カルメネール・レゼルバ」チリ・リマリ・ヴァレーの赤ワイン。カルメネールと言う古いフランスの葡萄品種で、フランスではもう作られていない品種を使った、メルローをエレガントにした様な味わい。(メルローはややコッテリした感じの味わい)価格は1,500円前後。

PH_213

次もタマヤさんの「タマヤ・シャルドネ・レゼルバ」。こちらは辛口の白ワイン。コンクールで金賞を受賞しているだけあって、バランスのとれた味わい。これも1500円前後。

PH_216

これはアメリカのセントラル・コーストという場所から来た、その名も「デ・ジャブ ピノ・ノワール」という赤ワイン。名前が覚えやすいですね。味わいを一言でいえば”エレガント!”柔らかく滑らかなのです。上品指数120%といった感じ!価格は1600円前後。

その他、沢山の旨安ワインがあったのですが、また次の機会にワイン担当が書きますよ。ご期待下さい。この会場は新橋だったのですが、もう一件試飲会があり、巣鴨まで移動。巣鴨では場所がらか、若い美男美女の社員さんという感じでは、まったくありません。(見てたらすみません。)

PH_232  PH_233

上記のフランス・ブルゴーニュ産の赤ワイン(葡萄はもちろんピノ・ノワール)コストパフォーマンスは抜群!両方とも1400円前後。

日本一お買い得なジュヴレ・シャンベルタンというのもありましたよ。ヴィエイユ・ヴィーニュ(葡萄の木が古く、葡萄に凝縮感が出る)で、ドメーヌ・トルトショさんが造っているワイン。価格は3000円前後。

PH_228

流石に旨かった!!やっぱり基本的に、味わいは価格に比例する様ですね。でも、その中で味わいやブランド価値に対して、ある価格基準値があり、それに対して価格がアンダーバリューやオーバーバリューになるようですね。

この巣鴨の会社、500円~1500円の価格帯で、よくこんなに探してきたな!!と感心させられる品揃え。ビックリです!今後、少しづつ紹介して行きたいと思っております。流石、巣鴨!若い美男美女には負けてませんね!

ちょっと変わったところで、

PH_218

イタリア・アマルフィから来たレモン・チェッロ。甘くて爽やかで、素直に美味しかったです!

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ