「ブルゴーニュ」コート・ドール北と南の価格差

 

 

酒類専門の情報サイト「ザ・ドリンク・ビジネス」で、ブルゴーニュのコート・ド・ボーヌ地区にあるヴォルネイ村の老舗ドメーヌ、マルキ・ダンジェルヴィーユの現当主であるギヨーム・ダンジェルヴィーユ氏の主張を掲載しておりました。

ダンジェルヴィーユ氏曰く、「コート・ド・ボーヌ」と「コート・ド・ニュイ」のワインの価格差は、ばかばかしいほどにかけ離れていると。

もちろん値段が高いのは有名ブランドの多い「コート・ド・ニュイ」で、安い方は「コート・ド・ボーヌ」。

この主張に納得する方は少なくないと思います。お得なブルゴーニュのワインリストでも見れば、それはほとんど「コート・ド・ボーヌ」のワインなのですから。

2016040317010000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンボール・ミュジニーと同じく、優雅で女性的なワインの産地として知られるヴォルネイですが、「コート・ド・ニュイ」のワインと比べれば2~3倍の価格差があるのだそうです。

もちろん「コート・ド・ニュイ」の有名生産地、ヴォーヌ・ロマネ、ジュヴレ・シャンベルタン、などの有名ブランドワインでは、価格差が2~3倍どころではないことは周知の事実なのですが。

「オレの絵はゴッホのひまわりより上手なのに、なぜ60億円で売れない?」みたいな話かも知れません。

マーケティング力の違い、ブランド力の違い、グランクリュ銘柄の数の違いなどが要因でしょうか。

それでも、コート・ド・ニュイと比べれば、「投機資金から守られている地域」とも言えるようです。

「ザ・ドリンク・ビジネス」の記事には、2010年ヴィンテージの市場価格の比較も掲載されておりました。

ヴォルネイとシャンボール・ミュジニー、ミュジニーの比較

Domaine Marquis d’Angerville, Clos des Ducs, Volnay Premier Cru, 2010 = £1800
Domaine Robert Groffier, Les Amoureuses, Chambolle-Musigny Premier Cru, 2010 = £2,500
Domaine Georges & Christophe Roumier, Musigny Grand Cru, 2010 = £48,000

ワインの世界は奥深いですが、ワインの価格も奥深いものがあるようです。

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ