ヴィンテージ・スパークリングワインとしめ鯖

 

 

前回ご紹介させていただいた「熟成スパークリングワインとししゃも」は素晴らしく美味しく感じました。

こんなに焼いた干物との相性が良いのなら、クセのある味わいの「しめ鯖」とだって美味しいのではないかと思い立ち、急いでしめ鯖を買いに走り、帰ってきて合わせてみたんです。

ヴィンテージ入りの熟成スパークリングワインを飲む機会などそう多くはありません。一期一会とも言える機会でしょう。ついでに数の子の松前漬けも買っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

<2003年ヴィンテージのイタリア・スパークリングワインとしめ鯖>

ししゃもほどではなかったのですが、こちらも相性が良いと感じました。ししゃもほどの感動はなかったのですが、それでも美味しい。

たぶんこちらも日本酒よりも熟成スパークリングワインの方が合うのではないか、と感じた次第です。もちろんそれぞれの方の好みではありますが。

厳密にはお醤油やワサビを付けることで味わいのニュアンスが変化するため、たぶんワサビを利かせた場合には、甘味のある日本酒の方が合うのではないかとも思うのですが、醤油もワサビもなしなら熟成スパークリングではないかと感じた次第です。

・・・・・しまった!キャビアは無理としても、イクラ買って来るの忘れちまったぁ~!

イクラで熟成スパークリングワインなんて、昔のヨーロッパの貴族みたいで贅沢な話です。もちろんキャビアならもっと贅沢なんですが。

掘り出し物とも言える、お手頃熟成スパークリングワインは如何でしょうか?

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ