「サマーワイン」冷やしてウマい!

 

 

夏のワインといえば、冷やして飲むのが一般的な「白ワイン」「ロゼワイン」「スパークリングワイン」が定番でしょうか。

それでも、夏の楽しみの一つといえば、やっぱりバーベキューでしょう。

正確には、それをアテにしてのイッパイか(笑)。

・・・・・・・・・・やっぱり赤ワインがほしくなるんですよねェ~。

最初にシュワシュワっとして冷たいスパークリングワインや、サッパリとしたヴィーニャ・ヴェルデか北イタリアの白あたりを飲っつけながらひとしきり。

メインの肉が焼き上がったら、今度は肉の旨みに負けない満足感ある赤ワインでしょう。

「でも・・・・・・、ぬるいワインは飲む気になれない」・・・・・・もちろん赤ワインだって美味しく飲むために、冷やした方が美味しく感じるのなら、冷たくして飲むべきなのです。

2015073110200000

 

 

 

 

 

 

 

 

【冷やして美味しいワイン各種】

また、今年は土用の丑の日が二回あります。

鰻の蒲焼にも、やっぱり赤ワインがよく合います。

常温の赤ワインでも良いのですが、少し冷やした方が、やっぱりこの暑さじゃ飲みやすい。

 

明日は、このあたりの夏のメインイベントともいえる「戸田橋の花火大会」。

花火の前のバーベキューでは、芳ばしく焼き上げたスペアリブでもアテにして、よく冷えたカジュアルタイプの果実味豊かな赤ワインは如何でしょうか?

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ