「自然派ブルゴーニュ」春節&節分マリアージュ

 

 

旧正月のこの時期、中華系では春節と呼ばれ「餃子」を食べます。また日本では節分と呼ばれ、最近では「恵方巻」を食べます。

そこで、「春節も節分も一緒にお祝いしましょう」みたいな春節&節分ナイトにおススメしたいワインのご紹介です。

お祝いですから、まず泡ものが理想的ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

軽やかに北イタリアのスパークリングワインであるプロセッコは如何でしょうか。

春らしい爽やかな飲み口は、餃子とも恵方巻とも合いそうです。

 

そしてメインのお酒。

銀座あたりの高級なお寿司屋さんでは、ブルゴーニュの赤ワインが料理によく合わせられると聞きます。

お寿司である「恵方巻」はもちろん、油分の多い「餃子」にも「ブルゴーニュの赤」は良く合いそうです。

そんなブルゴーニュワインの中でも、やさしくてエレガントな味わいの自然派ワインをご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

【ドメーヌ・ド・ラ・カデット ブルゴーニュ ピノ・ノワール レ・ヴォー・ブトン 2009】

スルスルと口の中を滑って行ってしまうような、繊細でエレガントさのあるブルゴーニュ。それでいて、2009年の当たり年らしく深みを感じる味わいです。

かなり気合の入った自然派ワインの造り手のワインとのことで、このレ・ヴォー・ブトンを置いている飲食店は、フランスでもほとんど自然派に限られているとのこと。

当たり年のストラクチャーのしっかりしている2009年ヴィンテージですから、その熟成ポテンシャルも期待できそうです。

 

春節&節分マリアージュのご提案でした。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ