「シラーズ」熱々なピザをアテに良く冷えた赤ワイン

 

 

チーズがまだグツグツと音を立てているかのようなピザをアテに、赤ワインを飲るってのは最高です!

しかし、ともすれば赤ワインを口に含んだ瞬間に「・・・ぬるいな(汗)」みたいな不快さをこの時期に限って感じる場合もあるように思います。

だからと言って、白ワインやロゼワインでは、良く冷えているからと言って、チーズたっぷりのピザをアテにするのには、ややそっけない。

そこで、今回もまた「冷やして美味しい濃い赤ワイン」のご紹介です。

DSC_0010

 

 

 

 

 

 

【シラーズ】

上の写真はシラーズのカジュアルワイン「クール・ウッズ」

「シラーズ」とは、フランスで言うところのシラー種を使ったオーストラリアの赤ワインのこと。

このシラーズには通常の赤ワインの他に、赤のスパークリングワインも多く存在します。スパークリングワインですから、当然よく冷やして飲みます。もちろん美味しいのですが、ややお値段か良い。

そんなシラーズのスパークリングワインの泡が消えて、通常の冷えた赤ワインとなっても、これまた美味しいから1本で2度楽しめると言えるのかも知れません。

つまりは、通常の赤ワインであっても「シラーズ」は冷やして美味しいのです。

凝縮感ある濃い味わいの赤ワインなのに冷たくして美味しい。もちろん炭酸水などで割っても、これまた美味しいのです。

しかし、問題はカジュアルな価格帯のシラーズが、あまり存在しなくなってしまったことでしょうか。

上の写真の「クール・ウッズ」は、そんな数少ないカジュアルな価格の美味しい「シラーズ」だと思います。

ピッツェリア大崎ワイン会 016

 

 

 

 

 

 

 

 

熱々のピザをアテに、よく冷やしたカジュアルな濃い赤ワインは如何でしょうか?

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ