ワインオークション東京

日本を代表する美術品オークション会社のシンワアートオークションさんからワインオークションの案内が届きました。

酒倶楽部ステップで凄い資産家ワインコレクターのお客様がいて、その代理でオークションに挑む!みたいな商売に憧れてしまいますが、ステップには残念ながらそんなお客様はいません。(涙)

では中国で人気のChラフィット・ロートシルトを自分で競り落として、中国でひと儲け・・・・!!ってのも現実的じゃないし、それに中国は来年、金融の引き締めに向かうかも!?って話もありワイン市場も調整期にはいる可能性もあります。ワインオークションの案内を頂いて嬉しいのですが、なかなか参加しにくいのです。

東京で開かれるオークションは今の時期に香港で開かれているワインオークションに比べると、量も金額的にもだいぶ淋しい感じは正直します。好景気に沸きたつ国と、不況感たっぷりの日本との違いでしょうか。

それでも、流石はシンワアートオークションさん。12月11日に開催されるワインオークションには高級シャンパーニュや高級ボルドーワインが蔵出しで出品されるのだそうです。東京の方が良い点があるとすれば、たぶん香港よりも割安な価格で落とせる可能性が高いところ。量は求められませんが、その分相対的に割り安になるかも知れませんね。

でも、スゴイ値段が付きそうな超注目ワインが東京に来るとは思えませんが!(汗)

ワインオークションには所有している自分のレアワインを出品することも可能なのだそうです。リリースされて間もないため品質に問題ないドン・ペリニョン・エノテーク・ロゼを持たれてる方は出品してみても面白いかも知れません。興味を持たれている方はいると思いますよ!問題はたぶん前例がないので最低落札価格をいくらにするのか!?でしょうか。

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ