「ソーテルヌ」会話までも極甘にしてしまいそうだ

 

 

正確にはソーテルヌと隣のバルサックですが、この地域の甘口ワインはまさに無敵でしょう。

様々な味わいの要素が織り成すそのハーモニーは、他のどの地域の甘口ワインも太刀打ちできないほどに素晴らしい。

もうほとんど神がかっている神秘の地域と言えるのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

渋味や酸味のあるボルドーの赤ワインをたっぷり試飲した後で、同じボルドーワインであるソーテルヌやバルサックの甘口ワインが試飲でるのは幸せです。

もうそのうっとりしてしまうような美味しさに、思わず飲み込んでしまいました。もはや酔っぱらってもいい。

あまりにも優雅でリッチな味わいは、味見しただけで口から吐き出すには、あまりにもったいなさ過ぎるのです。こんな奇跡のような味わいは他にないでしょう。

以前、テレビの番組でプロの方がワインのタイプを人間に例えておりましたが、このねっとりとして官能的に複雑な甘さのワインは、どんな人に例えるべきなんでしょうかね。

会話までも極甘にしてしまいそうな方でしょうか・・・・もっとも、そんな人は見たこともないのですが・・・・。

 

飲み込んだ後に感じる、オレンジの皮を使ったお菓子を思わせるような美しい余韻が、スバらしい。

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ