「ラ・フロレット ローズ・ロゼ」バラの香りのバレンタイン

 

 

今どきのバレンタインとは、贈り手が女子とは限らないようです。また何を贈るのかも自由なのでしょう。

女子が男子にチョコレートを贈る文化とは、もうただのお付き合いとしてなのかも知れません。

それでも日本のバレンタインの日には、大切な人とスイーツを楽しむような文化は今後も残るような気がしております。

イギリスでは今の時期になるとスコットランドの詩人バーンズの誕生日を祝って、バーンズの詩を朗読しスコットランドの伝統料理であるハギスを食べるのだそうです。もちろん飲みものは伝統的にはスコッチ・ウイスキーでしょう。

きっと日本のバレンタインも、そんなふうに大切な人とスイーツを楽しむ日と言うことで良いのではないかと思う次第です。

そんなバレンタインの夜におススメしたいワインをご紹介します。

また、なかなか飲む機会のない甘口のワインをこの機会に楽しんでいただきたいとも思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥野田葡萄酒醸造 【ラ・フロレット ローズ・ロゼ】 甘口 ロゼワイン Alc8.5%

奥野田地区収穫ミルズ100%  生産本数3200本

かなり珍しいぶどう品種の「ミルズ」という黒ぶどうから造った、バラを思わせる風味の甘口ロゼワインです。

爽やかな甘みと酸味、バラの花やライチ、白桃を思わせる芳香。

 

バレンタインの日にはバラを贈る習慣を持つ国があると聞いたことがあります。

バラの香りのワインを贈り、一緒に楽しむのもなかなか素晴らしい考えではないかと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギフトラッピングも承ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
ページ
トップ